上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トマに関しては多分これが最後。パンヤやる気はあんまりないのに記事を書く気はあるから困る。

今回も前回、前々回同様に数値は出ません。興味ない方はヌルー推奨

実際に打つSPの算出

[ピンまでの残り距離]±[高低差をyに変換したもの]±[縦風をy変換したもの]+[地場影響(y)]

ちょっと詳しく説明。

残り距離はy(ヤード)として表現されているため高低差、縦風、地場影響を全てヤードに統一してやる必要があります。
前回言った高低差、縦風のデータ取りってのはここで必要になってきます。
要は変換する際の係数を調べる作業ですね。個人的には5%刻み程度の変換係数を調べれば十分だと思ってます。
前回も言ったようにここの部分を一律で考えている場合とちゃんと調べた場合では精度は雲泥の差になると思います。
面倒かもしれませんが精度向上は間違いないのでやるだけの価値はあるはず。

地場影響については一番良くあるのがラフ影響と雨の時の影響くらいなのでSC1Hのラフから打って見てフェアから打った際のものと比較してみればすぐわかりますね。

これで実際に飛ばさなければいけない飛距離がでるのであとは自分の飛距離と見比べればSPは分かりますよね。

横ズレの算出

[ピンまでの残り距離に対しての補正値]×[横風]±[高低差補正]±[縦風補正]+[地場影響補正]±[地面傾斜]

長ったらしいですが省略できる部分も結構あるので実際はそんなでもないです。
残り距離に対しての補正値ってのはSC1Hなどで調べられるので頑張って調べてください。
横風の出し方も各自でどうぞ。一応参考記事はこちら

高低差補正と縦風補正は調べてみれば分かると思いますが、状況状況で無視できたりできます。
このケースは無視してもOKっぽいなってのは打ち込んでいくうちに経験で分かってくると思います。
前に少しそのことに触れた記事書いたのでよかったらこちらからどうぞ。
地場影響補正っていうのはラフから打った場合当然強く打つことになるのでその分の補正も考えてやる必要がありますね。
地面傾斜については説明不要かと。。。

各項目の補正を調べる際はそのズレが横風倍されているものってことに注意してみてください。
例えば8m真横の風対して-10mの高低差で0.5y多めにズレた場合横風1mの場合はどうなるかを考えてやりましょう。
そうすれば各項目の補正傾向ってのも見えてくると思います。

長々と書きましたが参考になる部分だけピックアップしてもらえれば幸いです。


スポンサーサイト
2008.04.04 続・トマ攻略
もうちょい掘り下げて。

高低差にしても縦風にしてもSPに応じて影響度がどのように変化するのかが非常に重要です。
簡単な例でいえば同じ高低差-10mでも80%で打つ場合と100%で打つ場合には当然影響度が違います。
よく「パンヤ・トマチップ」など検索して出てくる計算式は、この部分をマイナスなら0.9倍プラスなら1.2倍と1律してますが、間違いです。
間違いというか簡略化のためにそうしてるのかもしれません。実際それらの倍数になるSPも存在はするので。
ただ、たまに入ればいいや程度の考えなら上記の一律計算でも問題ないでしょう。

んじゃ、実際どうすればいいのか?
打ち降ろしor打ち上げのショートホールなんて腐るほどあるのでコツコツ調べてやればいいだけの話。

打ち降ろし:IC2H、IC7H、SS2H、BL16H、西2H、西6H、etc
打ち上げ:PW6H、PW16H、BM2H、BM6H、BM10H、西14H、etc

上記ホール以外もたくさんあります。しかも1ホールにつきピン位置が3種類あるので十分色々なSPがためせますね。
当然ですが縦風は邪魔なだけなので横風待ちオンラインになるのがしんどいですが。

縦風の影響度はSC1Hで完全縦風待って色々なSPでトマ打って無風状態の飛距離と比較してやればいいだけなので
高低差よりは若干楽ですね。

上の2つが調べ終わったら最後に高低差と縦風があるときの影響を調べればOKです。
考えても分かるように打ち降ろしと打ち上げ同じSPでも縦風の影響は変わってきます。
滞空時間をイメージしてやれば容易に理解できます。

これらを調べてやるだけで距離感にかなりの正確性が出ると思います。
単純に1.2倍やら0.9倍やらしてた時に比べれば雲泥の差になるはずです。

今回の内容は距離合わせのためのデータ取りって感じる人が多いと思いますが、実は縦風と高低差による横ズレの補正にも必要だったりします。
それは自分で打ち込んで調べてみればすぐに気がつく事だと思うので、チップの精度上げたいって人は努力して見て下さい。

一番大事なのは自分で考えて式を組み立てる事なわけです。
教えられてただ使ってるだけの計算方法では実戦で修正を加える時に、どこが間違っているのかを見つけるだけでも一苦労ですから。
2008.04.03 トマ攻略
最近ちょくちょく「ブログ見てますー」系のことをパンヤ内で言われるので、見てる方の参考になれば幸いです。
*数値的な事は書きません。どっちかというとヒント的な感じの内容なので興味ない方はヌルー推奨

一番大事なのは残り距離に対して真横1mの風でどの程度横にずれるかです。
これは自分の飛距離に応じて変化するのでファミモなりでしっかり計測したいところ。
過去記事に横ズレの計測方法あるのでそっち見て下さい。

んで、まぁそれが調べ終わったとしましょう。
もし、正確に調べられてたら高低差0、完全真横風(縦風成分0)、地面傾斜0の状態ならば

                 「残り距離に応じた補正値」×「風速」

で入ることになります。
ですが、当然そんなことは滅多にないわけで常に高低差がついたり縦風があったりしますね。
どうすればいいかは簡単なことで、それぞれの補正具合を調べてやればいいわけです。

高低差の補正

マイナス高低差はIS10Hでプラス高低差ならBM10Hあたりがファミモでも出しやすくて便利かと。
大事なのは純粋な高低差の影響を調べるために余計なものを排除する事です。
今回の場合は縦風が邪魔になるのでひたすら真横風になるのを待ちましょう。(ファミモリタイヤゲーです)
運良く真横風が来たら残り距離と横風から受ける分ズラしてトマ打ってください。(スピン7のノーマルトマですよ)
打ってみると多分入りません。ずれてる分が高低差による影響って事です。

縦風の補正

今度は高低差が邪魔になるので高低差0のところで調べます。SC1Hがオヌヌヌ。
45度が一番影響がでて計測しやすいと思いますが、その辺はお好きなように。
適当に打って飛んだ距離に対して縦風がない状態とある状態のデータを比較してみれば補正具合も分かると思います。

こんな感じで調べてみたら良いかと。

要は横ズレの影響を調べる時は調べるもの以外の要因を限りなく無視できる状況を作りましょうってことです。
全部まとめて調べようとするから難しくなるのであって、1つ1つ順番に見ていけば結構簡単だったりします。
トマに限らずBSも基本は一緒。BSの方はデータ取りが難しいってだけですね。

ちなみに上に言ったのを全部正確に調べて横ズレを完璧に計算できるようになっても、チップINできるようになるかどうかは別問題です。
出した横ズレを正確に再現するためのズラシの精度、SP決め、風角度の正確な読みも当然必要ですね。

なかなかやりがいのあるゲームですよね(・∀・;
あまりにもコメントに「わからねー」という声が殺到だったので、急遽補足。
あまりにもというかほぼ100%だし・・・(´・ω・`)

まず、チップINを狙う時に考えるのは残り距離に対して1mの風でどの位曲がるか?を考えます。(トマ、BS共通)
その後高低差、縦風による補正、地面傾斜によるズレ、グリーン傾斜(BSの場合)によるズレを考えますね。
チップ狙える人なら分かると思いますが、風による横ズレに対して高低差、縦風の補正というのは非常に小さいものです。
特に縦風の影響は最大でも9m45度という最大値の上限があります。

というわけで、補正すんのいちいち面倒だし省略できる時はしてしまおうと考えました。
で、前回の話になるのですが、すこしグラフに補足を加えてみますた。それがこちら、、、
ファミモでBLの練習がてらショット時間を短縮する練習をしています。sept18です。
全てのショットに共通して言える事だと思うのですが、高低差による横ズレ補正に加えて縦風による横ズレ補正をすると精度あがります。
例えば、追い風45度と向かい風45度では同じ距離を打つにしても後者のほうがより高いSPになるので弾道が高くなり、ズレが大きくなります。

とはいっても毎回毎回補正考えるのも面倒なので、パッと角度と風の強さを見て補正入れるかどうか判断する練習してます。
大会などで時間がある程度決められてる中では、要所要所で省いていかないと間に合わない時が多々あるので(つд・)
なので省ける所がどんな時なのか調べるためにこんなことをしてみました。

まず0~360度まで5度きざみに補正値を出して、最大を1にするようなプログラムを組んでみました。
次に、それを元にエクセルでグラフ化してみました。

縦風の影響

*45°で1y補正するとかではなくて、あくまで45°が一番補正割合が大きくなるってことです

縦風による横ズレ補正の割合は、横風の強さにも影響してくるので上のような形になりました。
パンヤ内で一番補正しないとならないのは9m45度の場合という事になると思います。(乱気流は抜きで)
こんな感じで考えると風速、角度から縦風の影響を省略しても問題ない場面を見つけられると思います。

要はカップの半径0.14y以内の誤差ならOKなので、どの変までが省略しても誤差の範囲内になるのかを調べてる訳です。
俺の場合はどうしてもズラシに時間がかかってしまうのであれこれ試行錯誤しています(´;ω;`)

------------------------------------- 以下雑記 ---------------------------------

そういえばメンテ情報にこんなのが!

以下の不具合を修正しました。
*)ガスマスク装備時に目の部分が覆われていた現象


なるほど!目の部分の透過処理ができてなかったんですねー。
どうもおかしいと思った><エリカがあんな事になったのはバグのせいだったわけだ(・∀・ ;)

よし!もうマスク付けても大丈夫だよね>w<b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。